滝沢カレンは天然?独特すぎるカレンの日本語の使い方や発言から人柄を調査。

バラエティ番組に引っ張りだこの滝沢カレンさん。本当に最近テレビで見かけることが多くなりました。
けど、意味不明なコメントをしたり、ぶっ飛んだことや日本語がおかしかったりとかを言ったりするので、この人ってこの番組に来ている意味ってなんだろう?とかちょっと思っていました。

けど、調べてみたら、意外と素敵な人だということが分かりました!

今回は、そんなカレンさんの日本語の使い方から滝沢カレンさんがどんな人か調査してみました。

出典:https://www.instagram.com/p/B6DXBAAFFAK/?utm_source=ig_web_copy_link

スポンサードリンク




その前にちょっと滝沢カレンさんについて調べてみました。

滝沢カレンについて

滝沢 カレンさんのプロフィール

  • 1992年5月13日 生まれ
  • 日本のファッションモデル、タレント、女優
  • 東京都出身 血液型AB型スターダストプロモーション所属『ミスセブンティーン2008』グランプリ
  • ファッション雑誌『JJ』元専属モデル
  • 父はウクライナ人、母はバレリーナの宮沢さゆり

出典:https://www.instagram.com/

p/B8WJSCyFnIK/?utm_source=ig_web_copy_link

滝沢カレンさんは、ハーフだけれども日本生まれの日本育ち。
だから、日本語には不自由していないはずなのに日本語がちょっと変。
何故だろうと思ったら、それは母親のお仕事が影響している様子。

母親の仕事はロシア語通訳。仕事関係で仕事場にくるロシア人たちと片言の日本語で会話することが多かったからだと言います。そう考えると、カレンさんが何かを発言するときに一瞬考える姿が見受けられるので納得です。

モデルへ

小さなころから芸能界に興味があったというカレンさんは中学時代はスカウトされることを目的に渋谷に繰り出していたそう。さらには、全部の芸能事務所に手紙と写真を出していたということなので、行動力は半端ないです。

モデルとしてスタートしたカレンさんは、「本業のモデルが筋」だとしてバラエティへの出演は念願だったにも関わらず、モデルとして一定の地位を得るまで出ないと決めていたそう。

ここら辺もスゴイ筋の通し方ですね。尊敬します。
私が好きなカレンさんのインスタグラムのショット(⋈◍>◡<◍)。✧♡

https://www.instagram.com/p/B8q0EpRlAel/?utm_source=ig_web_copy_link

ここにきてだんだん上のほうに広がっていく 発言

「知っている27(歳)より、何も知らない人の27(歳)ってこんな楽しいんだっていうことがあって。
・・中略・・・
薄っぺらい人生だったけど、ここに来てだんだん上の方に広がってくれるのが、一番いいと思います」

何歳からでも知識を得るという前向きな姿勢、素敵ですよね。
大抵の人が年齢を理由に前に進むのを辞めてしまったり、自分の知識や経験に関することが多い中、カレンさんの前向きな姿は勇気や元気をもらえます。

お尻をついていたくない 発言

「努力をしていたら、かなえられる小さな夢は誰でもあると思います。でも、私は1個かなえたことでできた石に、お尻をついていたくない。走り続ける先に、たとえ60個の石が出てきても、一度座ったら立ち上がるときがつらくなるので、いまは座りたくないんです」
索引:https://www.sanspo.com/geino/news/20191005/int19100505040001-n2.htmlより

レギュラー番組が増えてきたときのインタビューでの発言。
一個かなったからといって、座ってじっとしたら次に進むのがおっくうになってしまうので走り続けるということなんですね。
ぜひぜひ走り続けてほしいです。

お母さん発言

「滝沢カレンのバックの中身は?」という動画がありました。
突っ込みどころ満載でちょっと面白いんです。

「このハンカチは、島崎和歌子さんという方が急にくれたハンカチで、いつも何かくっついているから、ということでくれました。」

って、何かくっついてるって、何がくっついてるの?

「スゴイ、やさしいお母さんです」

って、島崎さんがお母さんになっちゃった!
お時間があればぜひ見てみてください。
そして、大好きなアーノルドシュワルツェネッガーに会ったときのためにマッキー(ペン)を持っているって><

考え方も面白いぞ(笑)

滝沢カレンのバッグの中身は? カレン節全開でユニークなアイテムを大公開!| In The Bag | VOGUE JAPAN

実は、作っているキャラというウワサも?

「滝沢さんは、ものすごく勉強ができるわけでもないし、知識があるわけでもないんですが、完全な“おバカ”ではありません。本番以外でお話しをする時は、まったくもって普通ですからね。あの言い間違いは、本番中のアドリブでやっているようです。わざとうろ覚えの言葉とか、難しい言い回しを使って、絶妙な言い間違いを生み出している。ある意味、すごいスキルだと思います」(芸能プロダクション関係者)
索引:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_219191/

作っているというウワサも出てきました。
しかしながら、絶妙な天然発言はたとえ作っていたとしても、普通の人にはできない絶妙なアドリブ・言い回しですよね。

まとめ

如何でしたでしょうか。

滝沢カレンさん、不思議な方ですよね。

お勉強はしてこなかったけれども、もしかして天才?なのかもしれません。

そして、仕事に対する姿勢もとても素晴らしいですよね。

今後の活躍、楽しみです☆

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク