生胡椒(コショウ)とは?どこで買える?その効果と購入場所、ネット通販を紹介!

コショウは、いつも使っているのですが、、『生コショウ』ってあるんですね!そしてこの生コショウ、どうやら生が一番おいしいですし、健康効果があるらしいのです。

でもこの生コショウ、スーパーで見かけないので、購入したことのある人も少ないと思うのですが、と思ったら購入できる場所がありました!

出典:https://kitchenbrothers.jp/articles/413452

スポンサードリンク




生コショウの効果

まずは生コショウの効果を調べてみました。

胡椒には3つの主な栄養素が含まれています。

それが、「ピペリン」「カリウム」「鉄分」です。

ピペリン

ピペリンは独自の辛み成分であり、血管を拡張し血流を上げるので冷えの改善が期待できるといわれています。また、アミノ酸の輸送活動を刺激して、体内に入った栄養素がより長く効果的に働いてくれるようにサポートする役割も持ち、胃腸の調子を整えてくれたりもします。さらに発汗作用や代謝を上げてくれる効果も期待できます。

なので、健康を維持するための料理に使うのがいいですね。

カリウム

カリウムは、人体に欠かせないミネラルの一つであり、ナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える働きもあります。高血圧の予防や筋肉の収縮をスムーズする働きもあり、腎臓に溜まりや老廃物の排出を促してくれる役割も担っていると言われています。

鉄分

鉄分は、貧血予防に効果的ですね♪

コショウの効果 – まとめ

まとめるとコショウに期待できる効果は、

  • 血行促進
  • 消化不良改善や食欲増進
  • 栄養素の吸収力のアップ
  • 血行促進によるエネルギー代謝の向上(ダイエット効果)
  • 血液促進と鉄分効果で美肌効果
  • ナトリウム(塩分)排出効果による高血圧改善効果

が期待できるかと言えるでしょう。

緑の生のコショウは購入できるの?

生の緑のコショウが購入できる場所はごくわずか。

実は、コショウが現在作られている生産国は熱帯地方でインドやベトナム、インドネシア、ブラジルが主です。それというのも、コショウの発芽適温が20°~27°、生育温度が10°~40°なので、日本国内だと「沖縄」くらいの環境じゃないと屋外での栽培は難しいでしょう。

なので、一般的に塩漬けで販売されていることが多いようです。

でもやはり生が一番おいしいとのこと。その生の緑のコショウ、どこで手に入るのでしょうか。

緑の生のコショウの購入場所は?

スパイスハウスさんで購入ができました。

毎週土曜日/日曜日に青山ファーマーズマーケットにも出店しているようなので、いちどチェックしてみるのがいいかもです!

青山ファーマーズマーケット

毎週末10:00~16:00

会場:青山・国際連合大学前広場

詳細はこちら:http://farmersmarkets.jp/

スパイスハウスさんのお店はこちら↓

出典:http://farmersmarkets.jp/concept/

出典:http://farmersmarkets.jp/vendors-sat/

ネット通販

スパイスハウスさんの商品は、ネット通販でも購入できました!

KITCHEN BROTHERS

サイト:https://kitchenbrothers.jp/suppliers/884847635

ここをクリックすると別ウインドウで開きます。

青山ファーマーズマーケットに行けない方は、KITCHEN BROTHERSで相談してみてくださいね♪

白胡椒は漢方生薬

生のコショウを使いたいと思ってもなかなか手を出せなかったり、出来れば日持ちする方がいいと思いますよね。

その場合は、乾燥するこしょうでももちろん効果は期待できます。

普段私たちが使っている乾燥しているコショウには、黒・青・白・赤と4種類あるのですが、中でも白胡椒には漢方生薬として使われていました。

適応疾患および対象症状・・・上腹部痛、嘔吐、下痢、食中毒、食欲不振など

この生薬の持つ「薬理作用」・・・鎮痛作用、食欲増進、止嘔作用、止瀉作用、解毒作用、嘔気改善など

東洋医学的弁証(この生薬が対象とする、東洋医学の診断に基づく疾患および症状)・・・胃寒嘔吐、脘腹冷痛、寒飲泄瀉、胃痛食少

治法・治療原則(この生薬が持つ、東洋医学的治療法と治療原則)・・・温中散寒、行気止痛、開胃進食、温中止痛、解魚介毒、行気消痰

帰属経絡(この生薬が主に治療効果を発揮する、経絡および臓腑)・・・胃、大腸

索引:http://www.iatrism.jp/dictionary/crude-drug/data/624

痛みを伴う症状が出てから使うのは、素人が扱うにはちょっとかもしれませんが、食欲不振などの症状で料理に加えてみるのがいいかもしれません。

4種類のコショウについて

もともとは同じ種から作られるもので、その処理の仕方が違うだけ。それによって風味がちがうので料理に合わせて使い合わせるともっと料理もおいしく楽しく頂けそうですね♪

黒コショウ(ブラックペッパー):熟す前の身を収穫し、皮ごと天日干ししたもの。風味が強く牛肉との相性が良いです

青コショウ(グリーンペッパー):熟す前の実をゆでて塩漬けにしたもの。また、低温乾燥したものもグリーンペッパーと呼ばれています。さわやかな苦みがあり、肉料理や魚料理どちらにも相性がいいです。

白コショウ(ホワイトペッパー):完熟後のものを乾燥させ、1週間ほど水につけて柔らかくしその果皮をむいて核の部分だけを取り出し乾燥させたものです。ブラックペッパーよりも風味が弱いので魚料理との相性が良いです。

赤コショウ(ピンクペッパー):完熟した実を塩漬けにしたものです。風味がマイルドで彩りもよくサラダやムニエルに最適です。

出典:https://kitchenbrothers.jp/articles/413452

まとめ

如何でしたでしょうか。

コショウは体に良いということがわかりました。

生コショウも効率的に栄養素をとれそうですね。今度ファーマーズマーケットを除いてみようと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク