福井県越前市の和包丁、タケフナイフビレッジの和包丁はどこで買える?

和食職人に人気のタケフナイフビレッジの和包丁。
福井県越前市の「タケフナイフビレッジ」で作られた、和包丁
切れ味の良い和包丁は、細胞を気づつけないので玉ねぎを切っても涙がでない!そしてトマトも手を添えなくてもサクッと切れる!
きっとこんな包丁があったら、きっときっと料理が楽しくなるはず!
とちょっと調べてみました。

スポンサードリンク



福井県越前市のタケフナイフビレッジとは?

おおよそ700年前に京都の刀匠千代鶴国安が名剣を鍛えるために水を探し求める途中に、水も土地もいいこの土地にとどまって鎌を製作するようなったことが起源で一大産地なた武生。

タケフナイフビレッジは、越前打刃物の伝統を守りながら鍛冶職人が集まった協同組合。みんな仲よさそうだけど、違う会社というのが面白い。

この協同組合は、伝統的な文化と現代デザインを掛け合わせたTAKEFUブランドを作り上げがということだから、すごいですね。

どこで購入できるのでしょうか。

タケフナイフビレッジの和包丁

タケフナイフビレッジまで行けば、お店で購入できます。
営業時間 9:00~17:00 入場・見学無料 駐車場あり(無料)
各種カード利用可(体験教室を除く)
タケフナイフビレッジ協同組合
〒915-0031 福井県越前市余川町22−91
TEL 0778-27-7120
FAX 0778-27-7100
タケフナイフビレッジ
出典:http://www.takefu-knifevillage.jp/shisetu.html

お店に行けない場合はどこで買ったらいいの?

ネットで購入できました!
AMAZON

楽天

けど最近TV反響が大きく、すぐ売り切れになってしまうということなので、気になった方は早々に購入したほうが良いようです。

家庭で使うには、どのシリーズを買ったらいい?

さて、一般の家庭で使うには、どのシリーズを買ったらいいのでしょうか。

「アルタス」 「クレウス」などのTAKEFUブランドの包丁は、川崎和男がデザインし、タケフナイフビレッジが鍛え上げた、美しい切れ味の包丁です。
その素晴らしさは、海外でも認められ、伝統の技と現代デザインとの出会いによって生まれた、新しい刃物としてインターナショナルブランドに成長しています。

鍛冶職人とデザインナーがコラボした「アルタス」と「クレウス」だったら、目にも料理にも美しく仕上がりそうですね。
ちなみに、「川崎和男」さんは、 デザインディレクター。
メガネや文具、オーディオ器具などのデザインを手掛けている博士ですね!
川崎和男さんのWebサイト

まとめ

大切に使えば一生使えるという和包丁
果たして私は一生使うほど料理をするのでしょうか。。
とりあえず、明日のご飯から頑張っていこー。

あっ、出張だった・・・。

出先で包丁を購入する際は、持ち運びには要注意。是非下記の気を読んでくださいね。

包丁や刃物を買った場合に気を付けなければいけないこと【持ち運び】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク