内定者にSNSパワハラで自殺に追い込む会社とは!?パナソニック産機システムズ

SNSで内定者に自殺まで追い込むような精神状態にする会社っていったいどんな会社なのでしょうか。

確かに企業文化に染まらせようとする一部会社はあることは周知の事実。これは本当に日本文化ならではですよね。

私はそんな色が濃い日本文化の会社には合わず、とっとと外資系の会社に転職した組です。
大抵の会社は、去る者追わず精神で新入社員は3年目で半分残ってればいいほう。と、追い込むようなことはしません。

合わない人間は早々に内定を辞退してもらおうとする行為が行われていた会社、一体どんな会社なのでしょうか。

ましてや、入社前の人間に対して自殺まで追い込むって・・・。

スポンサードリンク




そこで何が行われていた?パワハラ行為

  • 2008年「パナソニック産機システムズ」に新卒枠で内定
  • 内定者の研修の一環で、SNS交流サイトに内定者20名を登録
  • 毎日ログインとコメントを強要
  • 課題として出された本の感想を投稿を求める

人事課長が書き込むSNS上のメッセージで、内定者を追い詰めていった様子がうかがえます。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00000043-asahi-soci.view-000

サイトへの書き込みが少ない人に対してメールを送る人事部長

「このメールは一部の人にしか送っていません。送られてしまった事実と向き合って、自分がとるべき行動を考えてください。今ならまだ代わりの採用ができます。内定辞退するなら早めにしてください。」

SMTSも営業研修も、どんな顔してくるつもりだ?具体的に言えば、サイトをやってないような奴は、丸坊主にでもして、反省を示すか?まさか、おしゃれしてくるのか?

僕も人間です。感情はあるよ。

毎年言っているセリフだし、インターンでもニュアンスは伝えているけれど、僕は徹底的に露骨にえこひいきするからね。

なめるなよ。54のおっさんを!

決して人格者ではないよ。

内定者で、まだ会社に入社していない人間に対して送る内容ではないですよね。

それ相応の報酬を渡しているのでしょうか?内定者に報酬を渡しているとは考えにくいでしょう。

それ以上に、「54のおっさん」。というのはきっとくだんの人事課長でしょうか。

54歳、おっさん。

おっさん。

人格者ではないのは分かりますが、せめて人を扱う仕事についているのであれば、会社に人を合わせるのではなく、人をどうやって会社の中で働いてもらうかを考える頭があってもいいのではないでしょうか。

適材適所を考え、それに見合った研修なり指導なりをするのが、人事の一つの役目ではないでしょうか?

「ギアチェンジ研修は血みどろになるくらいに自己開示が強制され、4月は毎晩終電までほぼ全員が話し込む文化がある」などと入社後の過重労働を示唆したりしていたという。

  • 2019年以降、男子学生は、就職について迷いを口にするように
  • 2019年2月に自殺

直前には、人事課長からの投稿について「きつい」「つらい」「死にたい」と吐露していた。弁護士らは約1年にわたり調査をしてきた結果、人事課長のハラスメント行為で精神疾患を発病し、自殺につながったとみている。

  • 2009年4月に「パナソニック産機システムズ」入社予定

パナソニック産機システムズ株式会社とは?

会社名 パナソニック産機システムズ株式会社
事業内容 パナソニックグループ/業務用設備/空調/太陽光/メーカー
URL https://panasonic.co.jp/ap/pces/
所在地 東京都墨田区押上1-1-2
資本金 301百万円
設立 2009年4月1日
従業員数 約1,600名

【東証1部上場:パナソニックのグループ会社】

■業務用設備機器の販売、設計、設置・施工、保守・メンテまでトータルで提供!
■コンビニに設置している冷蔵・冷凍庫ではトップシェア!(約7割)

■スカイツリーなどの大規模施設の空調機器も扱っています!

空調設備を導入し保守サービスをトータル的に提供する会社でした。

インターンツアーで学生自身が企業へ訪問・インタビューから、会社の事情が何となく見えてきます。

下記の索引:https://intetour.jp/visicomi/panasonic

インターンのレビューからみる会社

お話を伺った人事の方は、「一生懸命物事に取り組める人」を求めているとおっしゃっていました。

この「一生懸命」というのは、目標達成のためならどんな努力も惜しまないということです。そのように頑張る理由を明確にし、それが通用する企業を探すことが、入社後のミスマッチをなくすために重要だと教えていただきました。また、その方は仕事を通して自己実現をされています。学生は就職に対し、「プライベートの時間が無くなる」「会社に拘束される」というマイナスな考えを持ちがちですが、それは仕事をお金を稼ぐためのツールとしてしか捉えていないからだと思いました。

お話を伺い、仕事を通して自己実現をしたいと思えば主体的に行動するようになり、「やらされている仕事」から「進んでやる仕事」に変わるのだと気付きました。

一生懸命物事に取り込める人だけを残したく、そのほかは振り落としたかったのでしょうか。

残念ながら、一生懸命物事に取り込める人は、一生懸命物事に取り込めない人がいるからこそ、「一生懸命物事にとりくむ人」と認識されます。

目標のために、一生懸命取り組むことはとてもいいことだとは思います。

しかしながら、それが行き過ぎると、プライベートの時間もつぶすことになり、何のために会社にいるのか、何のために働いているのか、分からなくなる時期も少なからず出てくるのではないでしょうか。

人があっての会社ではなく、会社があっての人だという考えに行きついてしまいそうです。

怖いですよね。

この度お話を伺った人事の方は、数々の大手企業で活躍された華々しい経歴をお持ちの方で、こちらの企業様の事業内容の可能性に興味を持ち、転職されたそうです。働くことを「生きる手ごたえ」とおっしゃっており、ご自身の経験から、とにかく目的を持って能動的に、一生懸命頑張ることが、どの職場でも重要だと教えてくださいました。また、世の中の動向をビジネスの観点から分析することの重要性、自分が一生懸命頑張れる目的は何なのかを見極め、企業選びをすることの重要性など、今後の就職活動の指針となるお話もしてくださり、非常に勉強になりました。

働くことが「生きる手ごたえ」というのは、その人事の人の考えであり、すべての人に当てはまるわけではありません。

目的をもって能動的に動ける人もいれば、指示がなければ動けない人もいるということに、そしてそれが悪いことでは無い、ということに、私は最近気づきました。

多様性が求められる時代で、固執した考え方を社員に求める管理職は時代遅れと言ってもいいかもしれません。

転職口コミから見る会社

新卒で、入社するには厳しいかも知れない。入社してから、教育される期間はあるがそれは、一般教養で、部署に配属されれば、新入社員であろうと責任ある仕事を任され、失敗すれば責任を取らされる。40代 / 男性 / 現社員(正社員) / 電気・電子・機械系エンジニア / パナソニック産機システムズ株式会社

新入社員が新入社員として扱われないからこその行為だったのでしょうか・・・。

(良い点)特になし。多くの部署や多くの地域とのやり取りがあるが、各地域のルールや、営業担当者次第で判断をされてしまい、関係性を構築しなければ案件を進めるのが難しい。関係性の構築は個人で頑張るもの20代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系 / パナソニック産機システムズ株式会社

新入社員にも個人で頑張らないといけない環境って厳しいですよね・・。私も転職した会社は一人でやらなければならなかった時期がありますが、本当につらかったのでそのつらさは分かります。

中途で入社する方には、キャリアが生かせる職場だと思う。半数は、中途で入社された方々ばかりだと思います。
部署によっては定時で帰れる。産休から復帰した女性も多くいたので、正社員なら働きやすいのかもしれない。
30代 / 女性 / 元社員(非正社員) / その他 / パナソニック産機システムズ株式会社

人によっては、いい環境の会社のようです。

【仕事のやりがい】やりがいはあまり感じていない人が多かったと思う。三洋電機の社風だったのか、全体的にやる気が薄くお役所っぽく感じた。派遣には何の権限もない一方、業務では社員並みの事をやらせようとしたりちょっとよく分からない会社だった。
30代 / 女性 / 元社員(非正社員) / その他 / パナソニック産機システムズ株式会社

今回の件に関する「会社からのコメント

パナソニック産機システムズ人事総務部は「SNSは内定者の不安払拭(ふっしょく)や一体感醸成のため導入した。行き過ぎた指導を把握できず、会社の管理不足だった」としている。

管理不足を認めていますね。

内定者の不安払しょくどころか、不安を与えているやり方を放置した管理職たち。問題がないと動かないという企業体質、黙っていたということは、今までは、そのやり方で問題がなかったのでしょうか。

当社は、このような事態を二度と繰り返さないよう、再発防止に取り組んでまいります。

索引:https://panasonic.co.jp/ap/pces/info/200409.html

まとめ

皆さんはこの出来事について、どう思いますか?

事件が起こったのは、2018年。今と同じようにすでに売り手市場状態で、企業も優秀な人材を確保するのはとても難しかったはず。だからこそ、こんな事態を放置した会社責任者たちこそ、今後の従業員にどう向き合うかを考えるべきなのではないでしょうか。

個人的な意見ではありますが・・・。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク