おバカキャラは演じているだけ?実は頭が良くて素直で純粋な山田裕貴の性格を調査

出典:https://voguegirl.jp/boys/boyfriend/boy-friend-starring-yukiyamada/#!/p/1/

こんにちは。yamaです。

モニタリングに出ていた山田裕貴さん。

子供の超能力を信じるか信じないかというモニタリングを
どうやら本気で信じた様子。

「シックスセンス」とつぶやきながら地球儀をまわすその姿。

正直、シュールです・・・。

そんなシュールすぎる山田裕貴さんですが、
そんなありえないことをそのまま信じてしまう、
心のキレイで素直で純粋な人なのでしょうか。
単におバカを演じている実は頭のいい人なのでしょうか。

山田裕貴さんの実際の性格や人間性を勝手に調査してみました。

スポンサードリンク




山田裕貴さんについて

まずは、山田裕貴さんについて触れていきたいと思います。

山田裕貴さんは、
1990年9月18日生まれの現在29歳。愛知県名古屋市出身の俳優。
高校は、甲子園出場の強豪校として有名な「東邦高等学校」出身。

最近のプロ野球選手で言うと、中日ドラゴンズ藤嶋健人選手や石川昇弥選手、
横浜DeNAベイスターズの関根大気選手もこの高校の卒業生です。

ちなみに、山田裕貴さんのお父さんは、
なんと広島東洋カープ一軍内野守備走塁コーチの山田和利さん。

高校では、プロ野球選手を目指していた様子ですが、
高校の時に「プロ野球選手にはなれない」と感じ、高校で野球を辞めています。

その後、ワタナベエンターテイメントカレッジに入り、
若手俳優集団D-BOYSに加入、俳優の道へ突き進んでいます。

デビュー作:2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役
初主演:2012年6月のテレビドラマ『D×TOWN「ボクらが恋愛できない理由」』
映画初主演:2014年の『ライヴ』
舞台初主演:2016年8月『宮本武蔵(完全版)』

2011年から、着々と俳優への道へと進んでいることが分かりますね。

そして、2017年は飛躍の年となり、大河ドラマ『おんな城主 直虎』初出演すると、
映画だけで14本に出演、好青年からチャラ男、やくざの役など、幅広い役柄をこなす
ところから、「カメレオン俳優」とまで呼ばれ、注目されるようになっています!

そして、2019年には『終わりのない』という舞台作品で、
令和元年度(第74回)文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞していました!

何気にスゴイ俳優の方なんですよね。。。

おバカキャラは演じているだけ?

過去の経歴から見てみると、おバカキャラには到底思えません。
実は、2016年に出演していた映画『ふきげんな過去』では、イケメンで
おバカなバンドマン・ヒサシを演じています。

その時の山田裕貴さんのインタビューでは、
「そのままですかね?結構おバカなところいっぱいありますし」と語っています。
自分自身では、おバカなところ、というか抜けているところがあるという自覚があるのでしょうか?

けれども、そのすぐ後に、『ふきげんな過去』の前田監督から
「ちょっと最近おバカを売りにしているところあるよね?(笑)」と鋭いツッコミが!

んーー。これは、おバカキャラを演じていそうな予感ですね。

実は頭が良い?

そのインタビューには続きがあって、山田裕貴さんのコメントでは、
「バカと天才は紙一重っていうから、いつか、天才といわれるときがくることをテーマに生きていきます!」
ってその発言がもう頭のいい人の発言ですよね(笑)

山田は演じた役について聞かれると、「そのままですかね?結構おバカなところいっぱいありますし」と笑顔を見せると、前田監督から「ちょっと最近おバカを売りにしているところあるよね?(笑)」と鋭いツッコミが。「見えてきちゃっています!?ただ、いつも思っていることがあって、“バカと天才は紙一重”っていうじゃないですか。だからおバカでもいいんで、いつか天才って言われる時が来るってことをテーマに生きています!」と熱く語り会場の笑いを誘った。

そもそも、カメレオン俳優と呼ばれるくらい様々な役どころをこなしている人なんだから、
おバカなわけがない!!!

さらに、高校の時に進路を考えていた時、
人と違うことをしたかったということで、心理学の勉強もしたいと考えていたと言ってます。
そして、エンタ-テイメント業界やテレビが好きだったことから、俳優に興味を持ったそうです。

ここまでならなんとなくわかるのですが、
さらには、「俳優は心の職業だと考えていた」ということですから、
自分の行く末についてしっかり考えて行動できる人なのだということが伺えます!

頭の良さがここでも出ていますよね!

素直で純粋?

作品に入ったとき、違う人間になるじゃないですか。そこで味わうその感情とかに僕、結構感動するんですよ。こう思うんだとかこう動くんだとか、自然にじゃあ言葉が出てきた瞬間に、わあ!生きてるって実感するんですよね。
引用:https://voguegirl.jp/boys/boyfriend/boy-friend-starring-yukiyamada/#!/p/2/

素直に、作品の中の違う人物になるっていうのは俳優さんや女優さんなら当たり前なのでしょうか。
わかりませんが・・・。

でも、違う人物になりきって、さらにその違う人物として感動するって、
相当素直で純粋な心の持ち主だからこそできるワザのような気がします。

超気分屋というかマイペース。なのに仲間が多くて共演してきた人たちからご飯行こうとか誘ってくれたりするんで……なんでだろう。

なんでだろうって(笑)
その素直さが、周りをほっこりさせているのではないかと推測します。

マイペースな雰囲気は確かに感じますね(笑)

性格を総合的に判断すると・・・

勝手に性格を総合的に判断してみると、

頭が良くて、素直で純粋で、マイペース人間。
周りからとても好かれてる人

ということが見えてきました!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
役を演じる上で、人間を知りいろんな人に会っていろんな話を聞いてみるという、山田裕貴さん。
今後はさらに、映画やドラマ、舞台での活躍をさらに期待できそうですね!

今回も最後まで読んでくださり、
有難うございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク