元テレビ制作会社ADのニューヨーク屋敷(やしろ)が、芸人になった理由(わけ)とは?

ニューヨークの屋敷裕政さん。
実は、同志社大学出身。

その後すぐに芸人になったわけではなく、
どうやらテレビ制作会社のADとして働いていた時期があったんだそう。
テレビ制作会社って、入社倍率は高いですよね。
スゴイ経歴。

でも、なぜ一度就職したにも関わらず、芸人の道に進んだのでしょうか。

今回、調査し記事にしてみました!

ニューヨークの屋敷裕政の経歴プロフ

ニューヨークの屋敷裕政(やしき ひろまさ)
1986年3月1日
ツッコミ担当
ラジオ内の名前:屋敷天晴(やしき てんせい)
出身:三重県熊野市出身
学歴:同志社大学文学部社会学科メディア学専攻
同志社大学卒業後は、テレビ制作会社に就職。

なんと、『ネプリーグ』『ザ!鉄腕!DASH!!』ADとして働いていた時期もあったそうです。
王道の人気番組のADなんて、スゴイですよね。
芸人の中では異色の存在ですよね。

元々、興味があったのがテレビやバラエティの世界ということで、大学もメディア学専攻。

ある意味、一度目の夢をかなえたといっていい、テレビ制作会社ですよね。

でもそんなテレビ制作会社も、たった1年でやめてしまったと言います。

そこには何があったのでしょうか。

出典:https://mainichi.doda.jp/article/2019/11/28/1749.html

芸人の道に進んだ理由

入社直後の1週間は楽しかったけど、
2週間目からは多忙を極める
地獄のように状況が一変したそうです。

噂通り帰れない日が続き、
毎日のように怒られ、
睡眠はとれず・・・
怒涛のような日々だったのが伺えます。

屋敷:順調に働いて出世した未来を想像したときに、なんかテンションが上がらなかったんです。ということは、一番やりたいことではないんだなと思って。じゃあ一番やりたいことはなんだろう? と考えたら芸人だったんです。

仕事の空き時間に、個室ビデオに行くのが楽しみだったという屋敷さん。

個室ビデオって、AVですよね?( ´艸`)プププっ。

その時に、偶然見たM1の舞台裏を集めた映像。

それを見たら、急に涙があふれてきたとインタビューで言っていました。

M-1グランプリの舞台裏を集めたDisc2を観ていて。そうしたら急に涙が溢れてきちゃって。「あかん、俺はこっち側に行きたい!」と思ったんです。

限界まで来て、

ふと立ち止まった時に、

自分が本当になりたいものが

見えてきたんですね。

――社会人になってふと立ち止まったときに、やりたいこと・なりたいものがクリアに見えたんですね。

屋敷:うわっ、芸人かっこええ! って。

ある意味うらやましい・・・。

すぐに辞表を出したのかと思いきや、

すぐには辞表を出せず3日くらい後に出したんだそうです。

それから、NSCに入校し芸人の道に進んだのですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、元テレビ制作会社ADだったニューヨーク屋敷さんが、

芸人になった理由(わけ)を調べて記事にしてみました。

今回も、最後まで読んでくださり、

有難うございました。

YouTubeを見ていたら、 芸人ニューヨークの屋敷裕政(やしき ひろまさ)さんが、 おススメのマンガを紹介していました。 その漫画に対する熱いトークが面白く(笑) とても読みたくなったので、 その漫画の内容について調べて記事にしていこうと思います。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク