背景がリアルすぎる!浅野いにおさんの漫画【ゼロカルチャー】

先日、『ゼロカルチャー』をみていたら、2010年に実写化されたアニメ「ソラニン」の作者である「浅野にいお」さんが紹介されていました!

じつのところ、私この人知らなかったのですが💦

ゼロカルチャーの中で出てきた漫画の一部を見て思ったのが、

『漫画にしてはリアルな背面描写』

ということ。

いったいどうやって書いているのでしょうか。

気になりました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B009JZH4CY/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B009JZH4CY/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
リアルな描写

リアルな背面の描写はどうやって書いてる?

いったい、リアルな描写はどのように完成させているのでしょうか。

きっちり、実際の場所に行き下見をして、さらにじっくり写真撮影するそうです。

そのあと、持ち帰った写真をデジタル処理。

さらに、アナログで線を書き足して完成させていくということです。

なので、あんなにリアルな背景になるんですね。

https://www.amazon.co.jp/dp/B009JZH4CY/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B009JZH4CY/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

『(デジタル処理した画像を)漫画の背景にしていくと、リアル感が出てくる』

といいます。どういう環境下にあるのかが大切といい、演出への強いこだわりを持っている浅野にいおさん。

漫画を作る上でのこだわりも見えてきました。

インタビュー中に紹介されていた「おやすみぷんぷん」

270万部を発行している「おやすみぷんぷん」

鳥のような恰好だが、人間の設定。

何故、人間ではなく鳥人間なのかという質問に、

「美男子じゃないと成立しない設定になってしまう」

読者の主観によってみてほしい。

https://cakes.mu/posts/5605
出典:https://cakes.mu/posts/5605

まとめ

浅野いにおさんがゼロカルチャーインタビューで言っていた「大切にしていること」。

僕の漫画は、

「みんな」というものから取りこぼされた人たちのための漫画

という、浅野いにおさん

どんなメッセージを込めて次の漫画を世に出してくれるのでしょうか。

楽しみです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク